★Premier倉庫★ TMAを使った逆張りインジケーター

TMAを使った逆張りインジケーター

サインなし  逆張り系

TMA(三角移動平均線)のバンドとトレンドの転換を読み取るオシレーターの組み合わせで逆張りエントリーを狙うインジケーターです。

バイナリーオプションの自動売買システム「AutoMultiTrader」で拾えるアラートがでますので、取引の自動化が可能です。

TMAインジケーターの利用方法

TMAを使った逆張りインジケーターオシレーターとバンドを見ながら逆張りエントリー

 

 TMAを使った逆張りインジケーターTMAバンドの幅が狭いときは条件を満たしてもエントリーは禁止

 

 TMAを使った逆張りインジケーターこれくらいの幅がある時を狙ってトレードをします

 

TMAバンドは動きの少ない三角移動平均線を利用したバンドで、反応は遅いですがダマシの少ないバンドです。その特性上バンドウォークなどが起こりにくいので逆張りで使いやすいインジケーターと言えます。

ここに相場の転換を測るオシレーターの組み合わせでエントリーを狙っていきます。

エントリー条件は、①バンドの幅がある程度広くなった時に ②ローソクがバンドをブレイクして再度中に入ってくる ③オシレーターの色(水色買い、黄色売り)とローソクの戻る方向が一致したらエントリーです。

注意事項として、バンドタッチだけで逆張りエントリーは勝率が低く、必ず一度バンドの外に出て、中に戻ってきたところで狙うようにして下さい。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんのフィボナッチと波の方向を合わせることでより高い勝率になりますぞ
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

TMAを使った逆張りインジケーターこちらはTMAバンドのパラメータで、『TimeFrame』でバンドの時間足を変更できます。『HalfLength』を小さくするとバンドの反応が早くなります。『Price』は高値安値など、どの価格を取得するかの設定です。

 

TMAを使った逆張りインジケーターこちらはオシレーターの設定で、各Periodを短くすると反応が早くなります。『neutral』を増やすと買い寄りの判断、マイナスにすると売り寄りの判断が強くなります。

 

このインジケーターをダウンロードするとex4ファイル2つと1つのtplファイルがはいっています。

MT4の『Indicators』フォルダに同梱されているex4ファイルをコピーしてから、チャート上で右クリックして【定形チャート】→【読み込み】で同じく同梱されているtplファイルを呼び出して下さい。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...
おすすめトレンドラインインジケーター
自動でトレンドラインを引いてくれるMT4インジケーター特集 自動トレンドラインインジケーター特集 トレンドラインインジケーターはその定義が難しいこともあり、ラインの引き方のルールについてはか...