インジケーター

★ パラボリックとTMAの複合インジケーター「Parabolic SAR TMA」

サインなし  逆張り系

ファイル形式 .ex4

単純移動平均線をもう一度平均化してダマシを減らした三角移動平均線(TMA)に、パラボリックSARを組み合わせたインジケーターです。

エントリー条件には、少し反応が早い平均足ロジックもはいっています。

Parabolic SAR TMAインジケーターの利用方法

Parabolic SAR TMA3つの条件を組み合わせてエントリー、利確はエントリーしたTMAバンドの反対側にタッチ、損切りはエントリーした直近の高値(安値)まで戻ったら損切り

 

 Parabolic SAR TMA設定によってはかなり良いところでのエントリーが可能

 

TMAバンドは単体でも使いやすいインジケーターですが、そこに逆張りのパラボリックSARと平均足を追加してダマシを減らしています。

パラボリック切り替わり時に、サインとして使えるドットがでますが、あくまでパラボリックが切り替わっただけのサインで、TMAや平均足は考慮されていないのでChangeToEAなどでEA化しないように気をつけてください。

右上には通貨の各種情報と、時間足ごとのトレンド判断が色で表示されますが、参考程度でよろしいかと思います。

時間足や通貨によってある程度パラメータの調整が必要ですが、TMAの偏差(上下の幅)を変えるだけでかなり安定した運用が可能になります。

亀吉
亀吉
基本に忠実なロジックですが、ここにオシレーターなどを組み合わせる余地も残っているので色々な手法のベースになりうるインジケーターセットですね
たつお
たつお
なお、こちらはMT4インジケーター倉庫Premierでの配布となります
XMとか使ってると手数料がめちゃめちゃ引かれてる話
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

Parabolic SAR TMA

上記は同梱されているTMAインジケーターのパラメータです。他のインジケーターのパラメータも変更可能ですが、ひとまずここの『ATRMultiplier』で偏差を調整するのがお手軽な調整方法です。

ファイルをダウンロードすると複数のex4ファイルが同梱されているので、全てフォルダから出して直接Indicatorsフォルダに入れてください。その後、MT4を一度再起動し、チャート上で右クリック→【定形チャート】→【読み込み】で、同梱されているtplファイルを読み込めばチャートにセットされます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。