インジケーター

移動平均線から抵抗帯ゾーンを算出「MA_SR-Turning_Levels」

MA_SR-Turning_Levels

サインなし  抵抗帯判別系

ファイル形式 .ex4

移動平均線を使って、建値や決済が多くなりそうなところを抵抗帯として表示してくれるインジケーターです。

MA_SR-Turning_Levelsインジケーターの利用方法

MA_SR-Turning_Levels値動きによってはちょっと見にくい・・・

 

MA_SR-Turning_Levels茶色がサポート、緑がレジスタンスゾーンです

 

MA_SR-Turning_Levelsのロジックですが、移動平均線の値が左右5本分のローソクよりも大きければレジスタンス、小さければサポートゾーンを表示してくれます。

移動平均線というのは多くの人の建値とも読めますので、そのちょっとだけ上と下に各ゾーンを配置するということですね。

また、左右5本ということで、明確なトレンドが出ている時はゾーンが表示されず、レンジでの抵抗帯表示が多くなります。

デフォルトでは少々使いにくいですが、移動平均線の期間を調整すればある程度機能するゾーンになります。

亀吉
亀吉
抵抗帯関連ではやはりフィボ太郎さんの水平線を身につけることがおすすめでございますよ
たつお
たつお
水平線はあらゆるテクニカルの中でも一番共通で認識されやすいので、とても重要なのです
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

MA_SR-Turning_Levels

ゾーンの調整は『_Period』で調整がおすすめです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。