インジケーター

ローソクの勢いを色で教えてくれる「Candle_Temperature」

Candle_Temperature

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .mq4

ローソク足の右側に価格の勢いを色分けして表示してくれるインジケーターです。

勢いの算出にはVolumeインジケーターを利用しています。

少し重めのインジケーターなので、スペックの低いPCの場合は最初に表示されるまでタイムラグがあります。

Candle_Temperatureインジケーターの利用方法

Candle_Temperature赤が下落、緑が上昇、黄色がレンジになった形跡です

 

 Candle_Temperatureこちらはパラメータから色の変化を抑えた状態

 

Candle_Temperatureの考え方としては、黄色い箇所は価格が長く滞在した時間ですので、そこが連続で横に推移した場合に後の抵抗帯となることが多いので、水平線などと組み合わせてエントリーの目安にします。

初期設定だと1分足をベースに計算されているので、この場合は15分~1時間あたりのローソク足利用が適正かと思いますが、実際に使ってみるとパラメータから計算の時間軸を15分以上に変更して、4時間足以上の長い足で使ったほうが抵抗帯は機能しやすいと思います。

亀吉
亀吉
面白いインジケーターですが、使い所はちょっと難しいですな
たつお
たつお
ローソク内部の分析にはわかりやすくていいですが、突き詰めると下位足を見て分析したほうが精度は高いですからねぇ
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

Candle_Temperature

『MaxMinVolume_AllCandle』をtrueにすると色の変化を抑えることができます。

色の変化の計算時間軸を変えるには『VolumeTf』を変更すればOKです。

『SumBars』は過去足の◯本文表示させるかのパラメータです。処理が重い場合はここを減らして下さい。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。