サインツール

相場の行き過ぎを読み取って矢印を出してくれるサインツール「insync index – smoothed」

insync index – smoothed

サインの出る回数 多め   逆張り型

BO自動売買可能  インデックス オブジェクト型orアラート型で対応

サブチャートに売られすぎ買われ過ぎを判断するオシレーターを表示し、サインを出してくれるインジケーターです。

JMAというダマシの少ない移動平均線の計算式を使っています。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、矢印はデーターを出力しないタイプなので、自動売買システムは矢印を直接読み取るオブジェクト型対応の売買ツールか、アラートを読み取るアラート型売買ツールで動かして下さい。

insync index – smoothed (arrows + alerts + mtf)の利用方法

insync index – smoothed 初期値では反応が早いので調整必要かも

 

 insync index – smoothed 矢印は6種類あります

矢印が出現する条件ですが、

1、2本のラインのクロスでオレンジと緑のサイン出現

2、設定した下限(売られすぎ)に到達で買いの青矢印、上限(買われすぎ)で売りの赤い矢印が出現

3、買われすぎ、売られすぎゾーンから戻る時に緑とオレンジのドットが出現

上記の6種類になります。※矢印確定のタイミングは条件を達成した次の足で出ます。

マルチタイムフレームにも対応しています。

亀吉
亀吉
亀吉の逆張りフィルターと合わせて使えばより勝率が高くなりますよ!
たつお
たつお
なお、最近海外製のインジケーターに自動売買システムによってはサインが拾えないものが増えております
亀吉
亀吉
亀吉はハイローオートでの動作確認はしてますが、それ以外のシステムを使っている場合はデモなどで試してみてくださいね
インジケーターをパワーアップする方法
インジケーターの勝率を上げる方法
インジケーターの勝率を上げる自動売買フィルターバイナリーオプションのお話になりますが、当サイトでダウンロードした「エントリーサインが出るインジケーター」は、各業者さんが出している自動...

パラメータ設定

MT4のパラメーター

『Time frame to use』で表示したい時間軸を確定、『Over bought leverl』と『Over sold level』は買われすぎ、売られすぎのレベル。

ラインがクロスした時に出る変な形の矢印は『Arrows on cross inside OB/OS~』の200と202の箇所に、こちらの表の番号を入れれば変更可能。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)