インジケーター

価格追従性の高い移動平均線「FX-sniper」

FX-sniper

サインなし  移動平均線系

ファイル形式 .ex4

FX-sniperは価格への反応を早くしつつ、ダマシを減らすことを目的に作られた移動平均線の一種です。

トレンド方向によって緑と赤に色が変わります。

FX-sniperインジケーターの利用方法

FX-sniper上昇は緑、下降は赤色に色が変わります

 

FX-sniper標準の移動平均線で一番価格追従性の高いLWMAよりもさらに追従性が高いです

 

FX-sniperの使い方は色に従い、トレンド方向に順張りポジションを持つという戦略です。ラインの色はローソク足確定と同時に決まり、一度色が決まればリペイントはありません。

エントリーに関しては単体では使うタイプのものではなく、オシレーター系や水平ラインを使ってそれをバックにしてエントリーしていくような使い方が想定されます。

価格追従性が高い=ダマシは必然的に多くなりますが、ボラティリティのあるところでは多少ダマシは抑えられています。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんの水平線のようにエントリーをタイトにする手法と相性が良いですな
たつお
たつお
どちらかというと短い足でのトレード向きのインジケーターですね
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

FX-sniper

『Rperiod』で計算期間の変更ができます。

『Draw4HowLongg』は過去どれだけのローソク足にラインを表示するかのパラメータと見せかけて、なぜか変更しても反応はありません。

『Type』は0~3で入力が可能で、FX-sniperの反応速度が少し変わります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。