インジケーター

EMAを使ったバンドを表示するインジケーター「ema – extrapolated 1.1」

EMAバンド

サインなし  移動平均線系

BO自動売買不可能

ファイル形式 .ex4

EMAをベースにした3本のバンドを表示するインジケーターです。

ボリンジャーバンドのように、中心のラインから2σや3σなどを表示するものですが、標準偏差については、使えるデータをしっかり理解しておかないと痛い目を見るので、株ラボさんの記事を参考にしておいてください。

ema – extrapolatedインジケーターの利用方法

EMAバンドラインが最新のローソク足よりも先まで伸び、未来の動きを予想してくれます。

 

EMAバンドバンドタッチで逆張りする使い方は正規分布を理解していないと危険

 

EMAバンドこちらはボリンジャーバンドとの比較

 

ema extrapolatedは最新価格の先までラインを表示して価格の予測をしてくれますが、ラインはちょいちょい動きますのであくまで参考程度にですね。

どちらかというと通常の移動平均線として使ったほうが上手く使いこなせそうな感じはします。

亀吉
亀吉
見た目は使いやすそうですが、他のインジケーターと組み合わせたほうがよさげですな
たつお
たつお
フィボ太郎さんの水平線や、プライスアクションなんかとの組み合わせが良さげですよね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

MT4のパラメータ設定

EMAバンド

『EMA period』でEMAの計算期間を変えられますが、こちらは純粋なEMAと一致はしないので少し使いにくく、デフォルトの値でよろしいかと思います。

期間調整の代替として『Number of past bars』を使ったほうが調整しやすいかと思います。

あと『Band deviations』で偏差(バンド幅)を変えられ、『Number of bars to predeict』は最新の足からローソク足◯本分までバンドを表示するかのパラメータです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。