DMI(方向性指数)

ADX

方向性指数(DMI)とは、資産価格がどの方向に動いているか、またその価格変動の強さを判断するのに役立つ指標です。

DMIは、現在の価格を過去の安値や高値と比較し、ポジティブな方向への動き(+DI)とネガティブな方向への動き(-DI)の線を引くことで判断します。

近年はADXとセットで利用されることが多くなりました。

MT4にもAverage Directional Movement Indexの名前で標準でインストールされています。

チャートの見方

ADX

DMIは、+DIと-DIの位置関係によって、価格の圧力の方向を決定します。DIが-DIよりも高ければ、価格の圧力はより上向きになり、買いのシグナルを示し、-DIが高ければ、価格の圧力はより下向きになり、売りのシグナルを示します。

ADX
ADX(平均方向性指数)ADX(Average Directional Movement Index)インジケーターは、著名なテクニカルアナリストであるウェルス・ワイルダーが、トレンドの強さを示す指標として開発したものです。 ワイルダーはコモディティトレーダーとして、商品先物取引のためにこの指標を開発しました。しかし、その後、テクニカルアナリストによって、株式、FX、ETFなど、取引可能なほぼすべての投資対象に広く応用されています。 MT4に標準ではいっていますが、『ADX』という名前ではなく、トレンド系の中に「Average Directional Movement Index」の名前ではいっています。...

方向性指数(DMI)の算出方法

各期間のTrue Range、正の方向性(+DM)、負の方向性(-DM)を算出します。通常、14期間を考慮します。

+DIの14日平均=+DMの14日平均値 ÷ TRの14日平均値
-DIの14日平均=-DMの14日平均値 ÷ TRの14日平均値

±DMの求め方
+DM=当日の高値-前日の高値
-DM=前日の安値-当日の安値

TR(True Range)実質変動幅の求め方

『当日の高値-当日の安値』、『当日の高値-前日の終値』、『前日の終値-当日の安値』の3つうち最大の数値を使用。

 

方向性指数(DMI)を使った取引

DMIは、トレンドの方向性を判断するのに役立ちます。

+DIラインが-DIラインよりも高い位置にある場合、市場は上昇トレンドにあると考え、同様に-DIラインが+DIラインよりも上にある場合、市場は下降トレンドにあると考えられます。

また、DMIは±Dを比較することでトレンドの強弱を確認するために使用できます。

+DIと-DIの間のスプレッドが大きければ、トレンドは強く、+DIが-DIを大きく上回っている場合は、強い上昇トレンドであることを示し、-DIが+DIを大きく上回っている場合は、価格のトレンドが強く下降していることを示しています。

DI、-DI、ADXを同じウィンドウで表示するのが一般的なので、DMIとADXは混同されがちですが、トレーダーによっては、トレンドの強さを判断するためにADXのみを分析する場合もあれば、価格の動きの方向性を判断するためにDMIの方向移動線のみを分析する場合もありますので、DMI単体を表示するインジケーターも多く開発されています。

ADXインジケーター
ADXの数値をローソク足の色で表現するインジケーター「ADX candles」 サインなし  トレンド判断補助系 BO自動売買不可能 慣れないと判断しづらいADXを、ローソク足の色でわかりやす...
ADXインジケーター
ADXで相場の切り返しを読み取るサインツール「HOLY GRAIL 1.7」 サイン出現数 普通   順張り BO自動売買可能  インデックス HIGH1 LOW0 こちらはフラクタルとAD...
口座開設数訴求