★Premier倉庫★ cQ-Baseline Indicator v02

最強の移動平均線調整ツール

サインなし  操作補助系

BO自動売買不可能

このインジケーターは移動平均線平均線(MA)を描写するものですが、チャート上から40種類以上あるMAの選択ができ、さらに期間やシフト、参照価格なども変更ができます。

何も考えずにMAやEMAを使ってる方は多いかと思いますが、このインジケーターを使えば自分にあっている移動平均線を簡単に見つけることができます。

移動平均線調整インジケーターの利用方法

切り替えは非常にスムーズ

 

最強の移動平均線調整ツールパラメータ解説

動画を見てもわかるように、これまで移動平均線の種類や期間を変えるにはパラメータ上からの変更が必須でしたが、このインジケーターはチャート上からのクリックで変更ができ、とても簡単に調整ができます。

移動平均線を取り入れた手法を使っているトレーダーさんは、一度このインジケーターで最適な移動平均線を見つけ出すことをおすすめします。

ボタンがたくさんありますが、基本的には上記の『MA Type』と『Period』と『Applied Price』です。

その他は選択している移動平均線によってはボタンが無効化され、クリックしても反応しないものが多いです。

 

亀吉
亀吉
ありそうでなかった移動平均線変更インジケーターが使ってみたら神ツールでしたわ
たつお
たつお
移動平均線の微調整がクリックだけでできるというのがこんなに便利だとは思いませんでしたね
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

パラメータ設定

MAタイプ:40種類以上の移動平均線から選択します。
Period:移動平均の期間をここで変更します。
Applied Price:始値や終値など、取得する価格を選択します。
MAParameters:移動平均のパラメータがある場合、ここで変更します。
MAParameters Line:このラインは、MAタイプ、期間、適用価格、その他のパラメータなど、現在の移動平均の設定を表示します。
Status Line:現在のローソク足の値を、マウスの位置の下か、右端に表示します(切り替え可能)。
Hi-Lo %Filter Shift & Show Dots Line: このラインは、現在の Hi-Lo モードの設定と、移動平均に適用されているパーセンテージフィルター、および移動平均が右にシフトしているかどうかを表示します。
Hi-Lo Parameters : Hi-Loモードがアクティブかどうかとその設定を表示します。
Percent Filter : パーセントフィルターを適用するかどうかを設定します。
Shift : チャート上で移動平均をシフトさせることができます。
MA ParametersSwitches:いくつかの移動平均線で使用されており、オン/オフや設定の変更を行います。
Show Dots Select: このスイッチは、ドットの表示方法を変更します。OFF、BASELINE、SLOPE CHANGEのいずれかを選択します。
Smooth Price :このボタンは、2期間のLWMAであるSmooth Priceの設定をオンにします。この設定は、ベースラインの状態を判断する際に、現在のローソク足の終値の代わりに使用されます。
Chart Hold Button:ホールドボタンは、拡大/縮小や通貨変更をしても、チャートを特定の位置に保持することができます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ 『本当に勝てるインジケーターはどれだ!』 2021年上半期 バイナリーオプションの...
自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...
口座開設数訴求