サインツール

複数のCCIの方向を一度に表示してくれるインジケーター「4TF T3 CCI arrows alerts」

MT4のインジケーター

サインの出る回数 普通   トレンド追従

サブチャートに4つの時間軸でCCIを表示させ、全てのCCIが揃ったら矢印を出してくれるインジケーターです。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、一部複数のバッファに分かれていたのでアラートかオブジェクトタイプの自動売買システムで動かしたほうが良いかもしれません。

4TF T3 CCI arrows alertsの利用方法

CCIインジケーターサブチャートの時間軸は現在表示している時間から上位3つの足まで表示

 

CCIインジケーター全時間帯が揃ったところでサインがでます

 

こちらのインジケーターはCCIの方向が緑と赤の2つに分けられ、全時間のCCIでトレンドが揃った時に矢印を出します。

その後条件が満たされなくなって、再度色が揃ったらまた矢印がでますが、CCIの特性としてヨコヨコの動きの箇所では緑と赤が交互に点滅したりしますので、矢印が過剰に出てしまうのは考慮しなければいけませんね。

短い足のほうが頻繁に条件が変わるので注意です。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんのフィボナッチなどと組み合わせると結構良い結果がでますね
たつお
たつお
フィボナッチの流れの中でこのサインがでればなかなかの勝率が得られそうですね
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

パラメータ設定

MT4のパラメーター

一番上の『Time Frame1』を変更してもとくに時間は切り替わらないので注意です。

Time Frame2以降の『next2』『next3』などは、現在の時間から何段階上の時間を表示するかどうかの設定ですが『next4』とか『next5』とかもできますので試してみて下さい。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)