インジケーター

ウォルフ波動を視覚化するインジケーター「WolfeWave_1」

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .ex4

ウォルフ波動は、エリオット波動がベースになっている理論で、価格がトレンドを描きつつ収縮していく過程で出現するウェッジから、エントリー箇所を見つけることができます。

出現条件のルールが厳格に決まっており、裁量で見つけるのは大変ですが、このインジケーターでウォルフ波動を簡単に視覚化できます。

ウォルフ波動を見つけるインジケーター
おすすめのウォルフ波動インジケーター7選 https://mt4-mt5-indicators.com/bonus/ ウォルフ波動の基本概念 ウォルフ波動とは、エリオ...

WolfeWave_1インジケーターの利用方法

ウォルフ波動理論上昇(赤ライン)のウォルフ波動

 

ウォルフ波動理論下降のウォルフ波動

 

WolfeWave_1インジケーター5番目のエントリーポイントはある程度裁量判断になります

 

 WolfeWave_1インジケーターこちらは残念ながらエントリーポイントまで降りてこなかったパターン

 

ウォルフ波動は波が収縮しながらウェッジを形成中の⑤でエントリー、①と④を繋いで伸ばしたところが利確という考えです。

ただしウォルフ波動の厳密なルールとして、例えば2から3は1から2よりも127.2%~161.8%まで伸びるというルールや、5からの波が一番長くなるというルールがあります。

WolfeWave_1はこれを自動判別して視覚化してくれるので、エントリーや利確ポイントの判断が明確になります。

ウォルフ波動のインジケーターには複数種類がありますが、判別ロジックがどれも微妙に違います。色々と触って自分にあったものを見つけるのがおすすめです。

亀吉
亀吉
ベースとなっているエリオット波動インジケーターはこちらで紹介していますよ
たつお
たつお
フィボ太郎さんのフィボナッチも合わせて理解すると、ウォルフ理論の精度があがりますよ
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

WolfeWave_1

『Length』でウォルフ波動の取得ロジックを変更できます

『first_one』をtrueにすると、直近のウォルフ波動1つのみ表示するようになりますので、ラインが減ってチャートがスッキリします。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。