★Premier倉庫★ 複数テクニカルでトレードを判断

サインツール

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .ex4

ADX、CCI、MFI、RSI、STOCH、WPR、macd、T3、OsMAなど複数のテクニカルを使った分析ツールです。

各テクニカルの判断を総合的に数値化して、どちらの方向が有利かを視覚的に表示してくれるインジケーターです。

サインはでませんので、FXなどの裁量トレード補助にお使いください。

複数テクニカルでトレードを判断するインジケーター利用方法

サインツールチャートには3つのパネルが表示されます(カスタマイズ可能)

 

サインツール右上パネルの見方ですが、青枠で1つ、黄色枠で1つの分析メーターです。

赤枠はマウスカーソルを当てるとラベルが表示されますが、MACD、RVI、OsMA、T3などの方向を表示します。

 

サインツール色々な数値がありますが、基本的にはこの総合的な数値を見ればOKです

 

サインツールパネルとは別で移動平均線2本も表示され、ゾーンが塗りつぶされます

 

こちらのインジケーターには多くのロジックが埋め込まれていますが、基本的には買われすぎ・売られ過ぎを計測するインジケーターで、右上パネルの大きな数値を見ておけばOKです。

なお、左側パネルの時間軸は、現在表示している通貨が10分足、20分足、2時間足の判断、他の通貨ペアが6時間足の判断と、あまり使われていない時間軸なので、ここはパラメータから変更しても問題ないです。

あくまでトレード補助インジケーターの位置づけなので、フィボ太郎さんのフィボナッチのような方向判断に強い手法などを合わせて使えばよろしいかと思います。

亀吉
亀吉
ツールの数値は俯瞰的な判断なので、エントリーをよりタイトにするには水平線などの組み合わせも大事ですな
FX業者の見えない取引手数料は年間10万円以上の差が出ます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

サインツール

パネルの分析時間を変更する場合は『Time Frame』の数値を変更します。

なお、こちらのツールをダウンロードすると.ex4ファイルと.tplファイルがはいっていますので、ex4ファイルをIndicatorsフォルダに入れてMT4を再起動してから、チャート上右クリック→「定型チャート」→「読み込み」で同封されている.tplファイルを読み込んでください。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...
フィボナッチの使い方
日本人が知らないFXで正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...