★Premier倉庫★ 相場の行き過ぎを捉えるインジケーター「Gbss-system」

gravity_systemインジケーター

サインなし  押し目狙い系

2本のバンドで大きなトレンドを掴み、オシレーターで価格の行き過ぎを捉えてサインを出すインジケーターです。

トレンドに逆らわない中での逆張りロジックです。

Gbss-systemインジケーターの利用方法

gravity_systemインジケーター青い爆弾のマークは買いのサイン。価格が行き過ぎて、オシレーターが上昇(青)トレンドに切り替わったタイミングサインがでます

 

gravity_systemインジケーターエントリーの爆弾マークがでても、バンドの方向と一致しないときはエントリー見送りか、早めの利確損切りを心がけます

 

gravity_systemインジケーターバンドを大きく突破した時に、レジスタンスやサポートのレベル2や3にタッチした場合は逆張りのサインです

 

Gbss-systemインジケーターで重要なのは、①バンドの方向 ②青い爆弾マーク(買い)とピンクの爆弾マーク(売り) ③レジスタンスとサポートライン の3つです。

爆弾マークとバンドの方向が一致したときは文句無しでエントリーで、バンドの上限(下限)タッチで利確です。

バンドの方向と、爆弾マークのエントリー方向が一致しないときは基本的には見送りですが、バンドがヨコヨコのときは裁量判断でエントリーして早めの利確損切りでも良いと思います。

難しいのがレジスタンスラインとサポートラインの扱いで、基本的にはレベル2で逆張りエントリーなのですが、ボラティリティのある相場だとあっさり突破されてしまうので、レベル3ラインまでひきつけることをおすすめします。

亀吉
亀吉
重量級のツールで、tplファイルで複数インジケーターを呼び出すタイプのツールです
たつお
たつお
PCのスペックが弱いと、通貨ペアや時間足を変えるのもちょっとタイムラグがあるのは注意が必要です
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

gravity_systemインジケーター

このインジケーターをダウンロードすると上記のex4ファイルと1つのtplファイルがはいっています。

MT4の『Indicators』フォルダに同梱されているex4ファイルをコピーしてから、チャート上で右クリックして【定形チャート】→【読み込み】で同じく同梱されているtplファイルを呼び出して下さい。

なお、チャート上に表示されるテキストは時間足を変えたりすると表示されなくなることがありますが、その場合は【定形チャート】→【読み込み】をやり直して下さい。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...
オアンダのオープンブック
顧客の注文状況を表示するOANDAのオーダーブックインジケーター サインなし  相場環境認識 BO自動売買不可能 もしも、他のトレーダーたちの取引注文が「いくら」で「どれだけ」オ...