★Premier倉庫★ 順張りに特化したADX系のサインツール

サインあり順張り系

ファイル形式  .ex4

ADXベースの順張りサインに、MACDやRSIをベースにしたオシレーターで確度を高めているサインツールセットです。

裁量判断が必要なので、自動売買には向きません。

サインツールの利用方法

サインツール緑系が上昇トレンド、赤系が下降トレンドです。矢印とオシレーターが揃ったらエントリーで、5本表示されている移動平均線は利確の目安に使います

 

サインツール①だとオシレーターの一部が赤なので小さいロットでエントリー、②は全て緑で揃っているので通常ロットでエントリーのような使い方です

 

こちらのサインツールは、ADXロジックでの順張りのサインが比較的多めに出ます。ただそのままではダマシが多いのでオシレーターでフィルターをかけていきます。

サブチャート上の段は、MACDを4つのタイムフレームに分けてトレンドを判断しているもので、4つのうち3つ以上が同じ方向を向いていればエントリー条件は満たしていると判断して良いでしょう。

一番下の段は、RSIに移動平均線とボリンジャーバンドを加えたもので、通常のRSIよりも反応は早いものの、ダマシは抑えています。ヒストグラムの色は緑と赤に加えて白(中立)もありますが、白色は他の色が全て揃っていれば無視しても良いかと思います。

なお、利確は表示されている5本の移動平均線のパーフェクトオーダーが崩れたらおこないます。

亀吉
亀吉
フィボ太朗さんのフィボナッチの方向と合わせると勝率が安定しますね
たつお
たつお
あとサポレジ系のインジケーターを加えて損切りの目安を作ったりしてもOKですよ
XMとか使ってると手数料がめちゃめちゃ引かれてる話
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

サインツール

ファイルをダウンロードすると複数のex4ファイルが同梱されているので、全てフォルダから出して直接Indicatorsフォルダに入れてください。

その後、MT4を一度再起動し、チャート上で右クリック→【定形チャート】→【読み込み】で、同梱されているtplファイルを読み込めばチャートにセットされます。

上記はサブチャート下段のヒストグラムのパラメータですが、通貨ペアでまったく色が揃わない時は、『Volatulity band period』で少し調整したほうがうまくいきます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
オアンダのオープンブック
顧客の注文状況を表示するOANDAのオーダーブックインジケーター サインなし  相場環境認識 BO自動売買不可能 もしも、他のトレーダーたちの取引注文が「いくら」で「どれだけ」オ...
自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...