★Premier倉庫★ トレンドの初期を感知してエントリー

サインツール

サインの出る回数 普通   順張り系

AutoMultiTraderで の自動売買化 可能

ファイル形式 .ex4

元々はバイナリーオプション用のサインツールでしたが、開発者さんがFX用にアレンジして、順張りで取れるように改良したものです。

スーパートレンドラインとエンベロープをアレンジしたものとサブチャートにはヒストグラムが表示されます。

サインツール利用方法

サインツール緑(ロング)と赤(ショート)のドットでエントリーを教えてくれます

 

サインツール方向が一致した中央のラインブレイク(黄色○)で入るのが勝率が高いです

 

使い方ですが、まず上下のエンベローブバンドはエントリー後の利確、又は損切りで利用します。エントリーでは使いません。

そして中央のラインですが、こちらは上昇トレンドだと緑、下降トレンドだと赤色にかわります。

サブチャートのヒストグラムはATRやボリュームなどとも異なるロジックで、上昇トレンドのときはメモリが増加、下降トレンドでは減少します。エントリーに使うというよりは、例えば買いでエントリーした時に、「ヒストグラムが減少し始めたらそろそろトレンドが変わるから利確」といった目安などで利用します。

あとエントリーサインはドットで教えてくれますが、理想はここに裁量判断をいれて、ロングならば中央のラインが緑色の時にラインをブレイクするタイミングで緑ドットが出た時が勝率が高いです。(上記画像の黄色○)

上記画像の青い○でもエントリーサインがでていますが、中央ライン方向と異なっていたり、ラインブレイクをしていなかったりするのでこれらはスルーがおすすめです。

亀吉
亀吉
右上のパラメータは、通貨の基本情報の他にMACDや移動平均線から判断するトレンド方向を教えてくれるので合わせて参考にすると良いですよ。
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーター制作業者の見分け方
EAやインジケーターを制作代行業者に注文する時の注意事項 色々なツール代行業者 検索サイトで「インジケーター 制作」や「MT4 格安 制作」といったワードでMT4のツール制作代行業者を検索...

 

MT4のパラメータ設定

MT4パラメータ

『Length』でロジックの計算期間を変更できます。『Risk』は上げればリスクをとってサインが増えるというわけではなく、あくまでサインの微調整用のパラメータです。

なお、こちらのサインツールをダウンロードするとIndicatorsフォルダとTemplatesフォルダの2つがはいっておりますので、Indicatorsフォルダの中身を全てフォルダから出してMT4のIndicatorsフォルダへコピーしてください。

その後、MT4のチャート上で右クリック → 定型チャート → 読み込み でTemplatesフォルダにはいっている.tplファイルを呼び出してください。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
市場時間色分けとカウントダウンインジケーター
市場時間の色分けとカウントダウン機能付きインジケーター「SYSFAC_Japan_Timer」 サインなし  トレード補助系 ファイル形式 .ex4 日本時間表示、市場時間の色分け、カウントダウン機能、ローソ...
フィボナッチの使い方
日本人が知らないFXで正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...