★Premier倉庫★ トレンドの波を捉えてエントリーサインを出す「R120」

MT4サインツール

サインの出る回数 普通   逆張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

ファイル形式 .ex4

RSIやCCI、ADXなど様々なツールを組み込んだトレンドの波を捉えるサインツールです。

バイナリーオプションの自動売買システム「AutoMultiTrader」で拾えるサインがでますので、取引の自動化が可能です。

R120利用方法

MT4サインツールエントリーサインと、補助指標としてRSIが表示されます

 

 MT4サインツールレンジだとサインが多めにでますので損切り位置は一考の余地あり

 

R120のロジックとしてはボリンジャーバンド、移動平均線、ADX、CCI、ブルベアなど各種テクニカルが行き過ぎのところでサインをだすもので、主に短期足トレード用に設定されています。

裁量判断用のサポートとしてRSIが表示されており、サインがでてもRSIが中途半端なところにいる場合はエントリーしなくても良いです。

注意事項としてはかなり通貨を選びますので、事前に過去チャートとサインを照らし合わせながら検証をしてご利用ください。

 

亀吉
亀吉
利用しているテクニカルが多いとハマった時は強いですが、融通が効かないことが多いですからね
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

MT4サインツール

設定できるパラメータは多いです。ただ、各数値を変更してもサインへの影響は少なめです。

サイン数の増減などは『BollingerBandPeriod』や『BollingerbandsDeviation』を調整するのがとりあえずは簡単です。

 

ファイルをダウンロードしたらindicatorsフォルダのファイルをMT4のIndicatorsフォルダへコピーし、その後チャート上から同封されているtemplatesファイルを呼び出してください。

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ ダウンロードしたいジャンルをクリック サインツール   インジケーター   ...
オアンダのオープンブック
顧客の注文状況を表示するOANDAのオーダーブックインジケーター サインなし  相場環境認識 BO自動売買不可能 もしも、他のトレーダーたちの取引注文が「いくら」で「どれだけ」オ...
自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...