インジケーター

相場の転換点をローソクの色で教えてくれるインジケーター「nmt_ttm_scalper_with_subswings2」

ローソクの色でトレンドを教えてくれるインジケーター

サインなし  トレンド判断(順張り)系

nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2は、相場の方向をローソクの色(買い赤、売り青)で教えてくれます。

ローソクの色の変換タイミングは最新の足が数本作られたあとに変化しますので、遅効性の順張りエントリー用のインジケーターです。

nmt_-_ttm_scalperインジケーターの利用方法

トレンド転換監視インジケーター赤が買い、青がウリのサインですが、現在足だと精度は低そう

 

トレンド転換監視インジケーターこちらは15分足でタイムフレームを1時間に変えたもの。いきなり精度が上がります

 

トレンド転換監視インジケーター上のチャートはパラメータからSubSwingsをオンにしたところ

 

このインジケーターは最新の価格を参照してローソクの色を変えるわけではなく、ある程度価格が確定してから色を変える遅効性インジケーターということですので、完全な天底を狙うものではありません。

その代わりダマシが少なく、損切りさえ早くすれば比較的安全にトレードが可能です。

使い方のコツとしては、マルチタイムフレームで上位足を使うようにしたほうが精度は上がるようです。

また、SubSwingsを表示させると通常よりも条件が緩くなって早めに色が変わりますので、エントリータイミングを少し早めることが出来ます。

ただし精度はイマイチなので使い所は難しそうです。

亀吉
亀吉
トレンドはフィボ太郎さんのフィボナッチの波と一致した所でエントリーすれば安全なトレードができそうですな
たつお
たつお
長期の足では上手に機能しているので、他のインジケーターとの組み合わせ次第ではよい勝率になりそうですね!
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

トレンド転換監視インジケーター

時間足は『TimeFrame』で変更してください。

『showSubSwings』で色が変わる条件を緩くできますが、勝率は高くないので要検証です。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。