★Premier倉庫★ 回帰分析インジケーター「Newgen_indi」

回帰分析インジケーター

サインの出る回数 多め   逆張り系

BO自動売買可能 インデックス HIGH0 LOW1

回帰分析を使った統計的なサインインジケーターです。

指定した過去◯本分から偏差を表示して抵抗帯を表します。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、どちらかというとFXでの裁量向きなツールですので、自動売買で動かす前にはかならず十分な検証を行ってください。

回帰分析インジケーターの利用方法

回帰分析インジケーターデフォルトでは2本のバンドが表示されます

 

回帰分析インジケーターサインが出ていることと、ローソクがバンドにタッチする2つの条件が揃ったところを狙います

 

回帰分析インジケーター計算するローソク足の本数を変えるとバンドの幅も広がります

 

サインは直近のローソクの条件が揃ったら出現しますが、このサインだけでエントリーして勝つのはちょっと難しそうですね。数が多すぎます。

ですので、回帰分析のバンドにタッチしたタイミングとサインを組み合わせて利用していくことになります。

バンドは偏差(パラメータのkstd)、分析する過去のローソク足本数(bars)、平滑化(degree)などをパラメータから変えると幅が変化しますが、基本的には通貨のボラティリティに合わせて偏差を調整するくらいで、barsの期間はあまり変えなくても良いそうです。

barsを変更するとだいぶ幅が開きますので、偏差の値とセットで調整ですね。

亀吉
亀吉
このインジケーターは3つのインジケーターを入れて.tplで呼び出すタイプのものですよ

 

インジケーターの設定方法

設定方法MT4のIndicatorsフォルダに入れるときは、必ずフォルダからだして、ファイルを直接いれてください

 

tplファイルを呼び出すとこのようにサインが2種類表示されます

 

表示中のインジケータを見ると『Bora』とついたものが2つありますが、どちらも同じロジックで、ローソクの足を一つだけずらしたものです。お好きな方を残してもう片方は消してください。

 

パラメータ

『degree』はラインの滑らかさ、『kstd』が偏差、『bars』は過去のローソク足何本分を計算してバンドを表示するか、『shift』はバンドを上下に微調整するパラメータです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ 『本当に勝てるインジケーターはどれだ!』 2021年上半期 バイナリーオプションの...
フィボナッチインジケーター特集
フィボナッチインジケーター特集 フィボナッチインジケーター特集 フィボナッチリトレースメントで多くの方が誤解していることに、実はフィボナッチは自由に引いて良いわけ...
自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...
口座開設数訴求