マレーチャンネル(Murrey Math Lines)

マレーチャンネルは1995年にT.Henning Murreyによって開発された、サポートとレジスタンスラインを表示する手法で、ウィリアム・ギャンの幾何学的手法に影響を受けています。

価格がここまで動いたら反発しやすいということをシンプルに教えてくれるので、他の手法とぶつかりにくく、親和性の高い手法です。

マレーチャンネルの核となる要素として、どのような市場でも価格の動きは1/8、2/8、8/8の倍数でリトレースされるということです。これはMurrey数学理論が元になっています。

マレーチャンネルの考え方

マレーチャンネル

これは1分足のローソク64期間を1/8に分割して価格に転換したものです→MMLDashboard-v1.2

 

マレーチャンネルの考え方として、「相場は似たような動きを繰り返す」という考えがあります。

そしてその動きを再現しやすくするために、一定の期間の高値と安値をとり、その中を8分割してそれぞれの特徴を以下のように定義づけました。

 

買い目線の場合

+3/8 – 弱気の反転が近い
+2/8 – かなりオーバーシュート状態なので反転が近い
+1/8 – オーバーシュートの状態
 8/8 – 強い抵抗帯、買われすぎの状態
 7/8 – 一度もみ合って反転しやすい場所
 6/8 – ピボットレベルでの逆張りポイント
 5/8 – 弱い抵抗帯
 4/8 – 主要なサポート/レジスタンスポイント
 3/8 – 弱い抵抗帯
 2/8 – ピボットレベルでの逆張りポイント
 1/8 – 一度もみ合って反発しやすい場所
 0/8 – 強い抵抗帯、売られすぎの状態
– 1/8 – 売られすぎの状態
– 2/8 – 極端な売られ過ぎ状態、反発が近い
– 3/8 – 強気の反発が近い

マレーチャンネルは8という数字を重視しており、高値安値を取る期間は8×8の『64』が主に使われます。

 

マレーチャンネルの使い方

マレーチャネル一定の期間の中にラインが均等に引かれます

上記はMurrey-levels-systemというマレーチャンネルを使ったインジケーターでは有名なもので、1/8期間ごとにラインを自動で引いてくれます。

マレーチャンネルはこのようにラインで考えますが、基本的に単体では使わずに、他のインジケーターをメインに置いて、そのサポートとして利用します。

例えば、

フィボナッチ

このようにマレーチャンネルとフィボナッチの両方を引いて、青枠部分のようにマレーチャネルとフィボナッチのラインがぶつかったところは強い抵抗帯になる可能性を考慮してトレードを行います。

また、基本的にはローソク足を使ったプライスアクションと相性が良いとされています。

 

4/8ラインを中心として分ける取引方法もあります

マレー数学

上記ですが、4/8ラインを中心として、下が買いゾーン、上が売りゾーンとしています。これは主にスキャルピングのように短い取引時間で採用される考え方です。

基本的には長期足で使うことを推奨されていますが、マレーチャンネルは通貨によって柔軟に使い方を変えるのが正しいとのことです。

 

フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...
マレーチャンネル
マレーチャンネルのサポレジにラインを引いてくれるインジケーター「Murrey-levels-system」Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジにラインを自動で引いてくれるインジケーターです。 マレーチャンネルは64期間のなかで高値と安値をとり、その中で価格を8つに分割して表示します。そして区切ったそれぞれの場所によって今後の価格の動きを予測します。...
https://mt4-mt5-indicators.com/wp-content/uploads/2021/06/MMLDashboard-v1.2-nmc-.zip
マレーチャンネルのサポレジを教えてくれる「MMLDashboard-v1.2」Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジラインを教えてくれるインジケーターです。 デフォルトでは64期間のなかで高値と安値をとり、高値から安値までの価格を8つに分割して表示します。 マレーチャネルは1/8に区切ったそれぞれの価格が抵抗帯として機能するという前提で取引を行います。...
口座開設数訴求