★Premier倉庫★ 主要8通貨を監視するインジケーター

MAからの距離を監視するインジケーター

サインなし  相場監視系

BO自動売買不可能

メジャー8通貨の全ての時間軸を監視して通貨の強弱を一覧表示してくれるインジケーターです。

網羅性に関しては歴代ベスト3に入るインジケーターです。

インジケーターの概要

MAからの距離を監視するインジケーター

最初は使い方がさっぱりですが慣れると見やすいです

 

MAからの距離を監視するインジケーターたまに数値がぶっ飛んでいますが、これはMT4のヒストリカルデータが無いことが原因

 

MAからの距離を監視するインジケーター1分足をダウンロードしてみると正常に表示されるようになりました

 

こちらのインジケーターはチャート一枚まるまる幅をとりますので40インチの大画面ディスプレイとか、マルチディスプレイを使っていて、常に表示させておける人におすすめのインジケーターです。

画面の左側半分と右側半分では別のロジックで通貨の強弱を表しており、両サイドを見ながら監視します。また、各通貨をクリックするとそのチャートが開く仕様でなかなか親切。

2015年あたりから開発がスタートしてバージョンアップを繰り返してのほぼ完成形バージョンでございます。

業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

インジケーターの使い方

インジケーター

 

MAからの距離を監視するインジケーター

 

MAからの距離を監視するインジケーター

使い方ですが、基本的には左側の現在値の色を見ているだけでも十分使えるのですが、更に精度を上げるためには、右側の理論値と現在値を比較します。

例えば現在値が全部緑色になったとしてチャンスだとしても、理論値も現在値と同じ数値を指していた場合は、たしかに順張りで取れる箇所ではあるものの、理論上の適正位置ではあるので伸びしろは少ないということです。

逆に現在値が真っ赤の時に理論値が緑だった場合は、大きく取れるチャンスということです。

この考え方は使うのに慣れが必要ですが、通貨の強弱理解の勉強になりますのでおすすめです。

 

MT4のパラメータ設定

MAからの距離を監視するインジケーター

『MAPeriod』は値を増やせば現在値と理論値の幅は小さくなりますが、ダマシは減ります。なお、Periodを変える時は全て数値を揃えることを推奨です。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア インジケーター倉庫プレミア ダウンロードページ 『本当に勝てるインジケーターはどれだ!』 2021年上半期 バイナリーオプションの...
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...
口座開設数訴求