インジケーター

フラクタルにラインを引いてくれるインジケーター「Fractal lines button」

フラクタルボタン

サインなし  抵抗帯可視化系

BO自動売買不可能

フラクタルパターンが出現したところを抵抗帯として、水平線を自動で引いてくれるインジケータです。

デフォルトでは左上に表示のONOFFを切り替えられるボタンもあります。

Fractal lines buttonの利用方法

フラクタルボタン一見目立つ高値安値に片っ端から線を引いているように見えますが・・・

 

フラクタルボタンインジケーターのFractalsを表示させてみると全て一致しています

Fractalsは5本のローソクのうち、真ん中のローソクが一番高いか安いかの条件を達成すると出現するパターンです。

大小はさておき反転ポイントでは必ず出現するパターンなので、海外では波を引く時の参考にされ、Fractal lines buttonでは抵抗帯としてそこから水平線を引きます。

水平線は右側のローソクの実体にぶつかるか、最新価格にぶつかるまで延伸されます。

亀吉
亀吉
フラクタルって日本だとあんまり話されないけど、海外だと超重要指標として色々なインジケーターの元になってるんですわ
たつお
たつお
フィボナッチの正しい引き方でもフラクタルは使いますもんね
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...

パラメータ設定

MT4のパラメーター

メインのラインは『Up(Down)_Fractal_Extend_Line』の項目で変更するのですが、よくわからない『Up(Down)_Fractal_Symbol』というパラメータの数値は、MT4で決められている記号番号です。

下記の対応表から番号を選びます。サインツールの矢印などもこの表から決められています。

MT4の記号表

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)