ETF

ETF

ETF(Exchange-Traded Fund)日本語では「上場投資信託」といいます。

ETFの主だったものは、日経平均やTOPIX、ナスダック、S&P500などの指数に連動するよう、1つのETFにたくさんの銘柄を組み込んで設計されています。(例えば日経225に連動するETFにはそのまま225の銘柄が組み込まれています)

ETFを購入した投資家は、対象となる投資対象を直接所有するのではなく、間接的な権利を持ち、ファンドが清算された場合には、利益の一部や残価を受け取る権利を有します。

ETFの種類

ETFには様々な種類があります。最も一般的なETFには次のようなものがあります。

株式ETF

株式銘柄の組み合わせで色々な指数に連動するように設計されたものがメインですが、インデックスのような物もあれば、景気が悪い時に利益がでるように設計されたもの、アジアの株式限定で構成されたものや、エネルギー関係と連動するものなど色々な種類があります。

株式ETFは、利益を得るために売買することができるという点で、通常の株式と同様に扱うことができ、取引所で一日中取引されています。

インデックスETF

S&P500指数などの特定の指数を模倣したETFです。特定のセクター、特定のクラスの株式、外国や新興市場の株式をカバーすることができます。

アメリカの株を間接的に購入したい場合にまず選択肢に入ってくるETFです。

債券ETF

個人投資家には馴染みの少ない債券に特化して投資する上場投資信託です。

特定の種類の債券に特化している場合もあれば、さまざまな種類の債券、さまざまな満期日の債券に幅広く分散したポートフォリオを提供する場合もあります。

コモディティETF

農産物、天然資源、貴金属などの物理的な商品を保有しますが、一部の商品ETFは、現物商品への投資と関連する株式投資を組み合わせて保有している場合があります。

例えば、金ETFは、現物の金と金鉱山会社の株式を組み合わせたポートフォリオになっている場合があります。

通貨ETF

これは、単一の通貨または様々な通貨に投資され、先物や外国為替市場を直接取引することなく外国為替市場への参加を望む投資家に広く利用されています。

これらの上場投資信託は通常、米ドル、カナダドル、ユーロ、英ポンド、日本円など人気メジャー通貨を中心に構成されます。

インバース型ETF

インバース型上場投資信託は、様々なデリバティブ(金融商品)を利用して、一群の有価証券または広範な市場指数の価値が下落したときに、空売りによって利益を得るために作成されます。

アクティブ・マネージド・ETF

これらのETFは、ポートフォリオ資産の配分を決定するマネージャーまたは投資チームによって運営されています。

積極的に利益を伸ばすように管理されているため、インデックスファンドなどと比較して、ポートフォリオの回転率が高くなりますが、その分手数料も多くかかりますし、必ずしも望んだリターンを得られるとは限りません。

レバレッジETF

主に金融派生商品で構成された上場ファンドで、投資にレバレッジをかけることで利益を増幅させているETFです。

一般的には、主要な株価指数の短期的な取引機会を利用しようとする投機家のトレーダーが使用します。ハイリスクハイリターンのETFです。

不動産ETF

不動産投資信託(REIT)、不動産サービス会社、不動産開発会社、住宅ローン担保証券(MBS)などに投資するファンドです。

未開発の土地から大規模な商業施設まで、実際の物理的な不動産を保有することもあります。

ETFに投資するメリットは何ですか?

ETFへの投資には、以下のような多くのメリットがあります。

取引コストや手数料が低い

ETFの取引コストは同等の投資信託よりも大幅に低くなっています。

これは、ETFが上場商品であるため、一般的なコストはブローカーや取引所が負担するのに対し、投資信託は全体でコストを負担しなければならないことが理由の一つです。

市場へのアクセス性

ETFは、新興国の株式や債券、金地金などのコモディティ、外国為替(FX)市場や暗号通貨など、以前は個人投資家がアクセスすることが難しかった資産クラスへの参加を簡単にします

上場投資信託は、空売りや証拠金、レバレッジをかけることができるため、高度な取引戦略を利用する機会を提供することができます。

透明性

ヘッジファンドや機関投資家は、通常、四半期ごとにしか保有資産を報告しません。

そのため、投資家は、そのファンドが定められた投資戦略に従っているかどうか、適切なリスク管理がなされているかどうかを投資家達は知ることができません。

これに対し、ETFは日々のポートフォリオを公開しているため、投資家は自分の資金がどのように運用されているかを正確に把握することができます。

流動性と価格発見

ETFは流通市場で売買することができるため、最終日の終値でしか売買できない投資信託よりも流動性が高くなっています。

また、ETFの組成・償還の仕組みは、価格の恣意性を排除し、ETFの価格を継続的に公正な市場価値に近づけることができるため、通常、ETFは真の純資産価値に近い価格で取引されます。を売却して損失を実現(請求)することを禁止する規則を克服することができます。

 

ETFのデメリット

上記のようなメリットがある一方で、ETFにはいくつかの課題もあります。

例えば、ETFは、株式投資家には馴染みのないリスクを伴う可能性のある、これまで注目されていなかった資産クラスへの参加を提供します。

これはETFの構成内容を把握せずに購入すると投資家に不利に働く可能性があるため、特に農産物・鉱物、不動産などの商品、未公開株や金融技術が駆使されたオルタナティブETFを購入する場合は、馴染みのないポートフォリオ構造、税務処理、またはカウンターパーティ・リスクを伴うものがあり、深い理解が必要となります。

また、取引コストに関しては、単一の銘柄を購入する場合よりも高くなる傾向があることもデメリットの1つです。

口座開設数訴求