サインツール

ウィリアムズ%Rを利用したサインツール「BykovTrend_Sig」

BykovTrend_Sig

サインの出る回数 多め   順張り型

BO自動売買可能  インデックス HIGH1 LOW0

現在の価格が一定期間の値動きからどれくらい乖離しているかの指標であるウィリアムズ%Rを使ったサインツールです。

ウィリアムズ%R = (当日終値 – N日間の最高値) ÷ (N日間の最高値 – N日間の最安値)× 100

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

BykovTrend_Sigの利用方法

BykovTrend_Sigウィリアムズ%Rのラインを超えたところで順張りエントリー

 

BykovTrend_Sigレンジではエントリーが多くなりすぎてしまう傾向があります

 

BykovTrend_Sigの特徴として、ウィリアムズ%Rが上抜けしたら買いサイン、下抜けしたら売りサインという順張りロジックになっていることです。

必ず売りと買いは交互に出るため、一度上抜けして、少し落ちて再び上抜けしても買いエントリーはされません。

亀吉
亀吉
基本的にトレンド追従型でレンジには弱いので、亀吉フィルターのレンジ中はエントリーしないものとセットにすると良いかもです
たつお
たつお
なお、最近海外製のインジケーターに自動売買システムによってはサインが拾えないものが増えております
亀吉
亀吉
亀吉はハイローオートでの動作確認はしてますが、それ以外のシステムを使っている場合はデモなどで試してみてくださいね
インジケーターをパワーアップする方法
インジケーターの勝率を上げる方法
インジケーターの勝率を上げる自動売買フィルターバイナリーオプションのお話になりますが、当サイトでダウンロードした「エントリーサインが出るインジケーター」は、各業者さんが出している自動...

パラメータ設定

BykovTrend_Sig

『RISK』と『SSP』は期間だけでなくウィリアムズ%Rの閾値も変化します。増やせば矢印は減りますがサインの信頼性は上がります。

海外フォーラムではBykov Trendを単体で使う場合はこの数値をともに『30』以上に設定することを推奨しています。

『CountBars』は過去どれくらいまでの本数で矢印を出すか、『Aleret_Delay_in_Seconds』はサインが出てからアラートがでるまでどれくらい遅らせるかの設定です。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)