サインツール

LWMAとEMAの2種類の移動平均線を使ったサインツール「Sidus」

MT5サインツール

サイン多め   移動平均線クロス系

ファイル形式 .ex5

直近の価格の動きを重視し反応速度が速い「線形加重移動平均線(LWMA)」と「指数平滑移動平均線(EMA)」の2つを使ったサインツールです。

どちらも普通の移動平均線よりもちょっと反応早くなったよ程度の認識で良いです。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

Sidusサインツールの利用方法

MT5のサインツール基本的にクロスでサインがでます(エヴァ初号機カラー)

 

MT5のサインツールなのでパーフェクトオーダー時はまったくエントリーがありません

 

SidusはLWMAのクロス時にサインをだします。EMAがフィルターになっているみたいでもありますが、複数の条件があるみたいですね。

デフォルト設定だとあまり勝率はよくないので調整する必要がありそうです。

亀吉
亀吉
結構負ける箇所が多いんですが、こういう場所だとめちゃめちゃとるんですわこのツール
たつお
たつお
移動平均線はトレンド時の収縮と拡大がリズムよく起こったときはきれいに取れる傾向がありますよね
FX業者の手数料比較はこちら
FX業者のコスト比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

パラメータ設定

MT5のパラメータ

ここでEMAとLWMAの期間を変えられますが、基本的にはEMAをLWMAよりも長めにとることが前提です。もしLWMAをEMAよりも長くすると、同じような動きになってしまい、ダマシが増えますので注意してください。

 

 

VPSのすすめ
MT5の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売買で長く生き残っているトレーダーの殆...

インジケーターをMT5にインストールする方法

亀吉
亀吉
MT5は、ダウンロードした『.ex5』ファイルをダブルクリックするだけでMT5のIndicatorsフォルダにインストールされます
たつお
たつお
もしファイルが『.mq5』でしたら、ダブルクリックしたらメタエディターが開くのでコンパイルを行ってください。そうすれば自動でMT5にインストールされます

ex5ファイルをダブルクリックしたのにMT5にインジケーターがインストールされない場合は?

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『ex5ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT5を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL5』→『Indicators』フォルダに②のex5ファイルをいれます。

④MT5を再起動すればMT5のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

亀吉
亀吉
mq5ファイルの場合は、ダブルクリックして、コンパイルできない場合はインジケーターにエラーが混在している場合が多いので、開発者でない限りは見送りですな~
パラメータの変更ができない場合
自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ①MT5のチャ...