インジケーター

RSIを使ってダイバージェンスを自動判別してくれるインジケーター「RSI Divergence」

サインあり  逆張り型

BO自動売買(サブチャート型に対応しているシステムのみ)

あらかじめ指定したRSIの高値低値を拾って、ダイバージェンスが発生した場合に描写してくれて、エントリーサインも出してくれるインジケーターです。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、サブチャートにエントリーシグナルが出るタイプは対応している自動売買システムが限られているので各自動売買システム業者に問い合わせて下さい。

TRIX Slope Divergence MTF
ダイバージェンスを拾うインジケーター「TRIX Slope Divergence MTF」 サインなし  トレンド転換エントリー BO自動売買不可能 前日に価格がどれくらい動いたかを参考にして、現在の位置...

RSI Divergenceの利用方法

RSIダイバージェンス結構良いところでサインが出る模様

 

RSIダイバージェンスヒドゥンダイバージェンスも出てくれてますね

ダイバージェンスは、ローソク足の価格とオシレーターの数値が逆行する現状で、トレンド転換が近いことを示すテクニカル手法です。こちらのインジケーターは、出現するダイバージェンスの数は多くないものの、高確率なところでサインを出してくれます。

ただし小さな山を取りに行くのはRSIの特性上仕方がないところなので、設定で調整してくださいね。

亀吉
亀吉
ダイバージェンスは結構信憑性の高いテクニカルなのでおすすめ
たつお
たつお
特にRSIやストキャスティクスのようにシンプルなものがダイバージェンス手法と相性が良いですよね

 

パラメータ設定

MT5のパラメーター

『Overbought』と『Oversold』の差を広げればそれだけ信憑性の高いサインが期待できますが、例えば80・20くらいに設定するとサイン数は激減します。

通貨ごとに調整が必要なので、ちょうどよい値を見つけて使って下さい。

 

 

VPSのすすめ
MT5の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売買で長く生き残っているトレーダーの殆...

インジケーターをMT5にインストールする方法

亀吉
亀吉
MT5は、ダウンロードした『.ex5』ファイルをダブルクリックするだけでMT5のIndicatorsフォルダにインストールされます
たつお
たつお
もしファイルが『.mq5』でしたら、ダブルクリックしたらメタエディターが開くのでコンパイルを行ってください。そうすれば自動でMT5にインストールされます

ex5ファイルをダブルクリックしたのにMT5にインジケーターがインストールされない場合は?

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『ex5ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT5を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL5』→『Indicators』フォルダに②のex5ファイルをいれます。

④MT5を再起動すればMT5のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

亀吉
亀吉
mq5ファイルの場合は、ダブルクリックして、コンパイルできない場合はインジケーターにエラーが混在している場合が多いので、開発者でない限りは見送りですな~
パラメータの変更ができない場合
自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ①MT5のチャ...