インジケーター

RSIをつかった短期足用インジケーター「RSI OMA」

MT5のインジケーター

サインなし  逆張りトレード補助系

BO自動売買不可能

ファイル形式 .ex5

こちらのインジケーターは複数のRSIメソッドを切り替えて使用する、短期足向けインジケーターです。エントリー箇所は緑色がショート、オレンジ色がロングで教えてくれます。

使えるRSIメソッドは、CuttlersRSI、Ehlers平滑化RSI、Harris RSI、RAPID RSI、RSI、RSX、およびSlowRSIの7つです。

RSI OMAの利用方法

RSIを選ぶ7種類のRSIから選択

 

RSI OMAインジケーター色が変わったところで逆張りエントリー

 

RSI OMAインジケーター色が変わってもラインの傾きが大きいところはエントリー見送り

このインジケーターはまず通貨によって7種類のRSIを選ぶところから始まります。

フォーラムでは毎日のトレード前に、前日のローソクを見て適正のあるRSIを選ぶのが良いとのこと。

実際RSIを選択して見るとわかるのですが、種類によってかなりエントリー箇所が変わりますので、先入観を持たずに色々と試してみるのが良いです。

基本的には5分足などの短期足に使い、サブチャートの色が変わったところで逆張りエントリーなのですが、色が変わったとしてもトレンド発生中(ラインが傾いている最中)に色が変わった場合は、エントリー見送り、または遅らせたほうが良いです。

亀吉
亀吉
ローソクと合わせてみるとちょいちょい助けてくれるなかなか優秀なインジケーターですわ
たつお
たつお
パラメータ設定さえ上手くいけば強力ですよねこれ

 

パラメータ設定

MT5のパラメーター

マルチタイムフレームを使うと時間足によっては表示されなくなるので注意です(海外製インジケーターによくあります)

『Rsi Method』で通貨によってRSIの種類を変えてください。期間などの基本設定はデフォルトのままで大丈夫ですが、『Up(Down) level%』はデフォルトは80と20になっていますが、スキャルピングなら90と10でタイトにしたほうが良いかもです。

 

 

VPSのすすめ
MT5の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売買で長く生き残っているトレーダーの殆...

インジケーターをMT5にインストールする方法

亀吉
亀吉
MT5は、ダウンロードした『.ex5』ファイルをダブルクリックするだけでMT5のIndicatorsフォルダにインストールされます
たつお
たつお
もしファイルが『.mq5』でしたら、ダブルクリックしたらメタエディターが開くのでコンパイルを行ってください。そうすれば自動でMT5にインストールされます

ex5ファイルをダブルクリックしたのにMT5にインジケーターがインストールされない場合は?

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『ex5ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT5を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL5』→『Indicators』フォルダに②のex5ファイルをいれます。

④MT5を再起動すればMT5のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

亀吉
亀吉
mq5ファイルの場合は、ダブルクリックして、コンパイルできない場合はインジケーターにエラーが混在している場合が多いので、開発者でない限りは見送りですな~