亀吉逆張りフィルター(MT4-Kame-RSI.ex4)説明書

このツールは、BO自動売買システムハイローオートさんの、サインを読み取るツール『Signal AUTO』を亀吉が魔改造をして、RSIとエンベロープとストキャスティクスのフィルターを実装したものです。

逆張り系のサインツールにプラスすることで、さらに勝率を高めることができます。

亀吉
亀吉
バッファ型インジケーター(サインの値を出力するタイプ)で利用することが出来ます
たつお
たつお
3日間のお試しが付いてるんでちゃんと動くのを確認してから購入してくださいね

MT4-Kame-RSI.ex4 説明書

パラメータ

バッファ(インデックス)の設定方法などは、Signal AUTOに準拠していますので、FX-EAラボさんのマニュアルを参考にして下さい。

一応MT4倉庫で紹介しているサインツール記事の最初に自動売買の設定に必要なインデックスは記載してありますよ。(間違ってたらスミマセン)

インデックス

フィルターの解説

たつお
たつお
下記で紹介するフィルターが公式のSignal AUTOに追加で実装したものです!
亀吉
亀吉
パラメータを見てもらえればだいたい分かると思うので注意するところだけ書いていきます 

基本設定

MT4のパラメータ

まずチャートにMT4-Kame-RSI.ex4だけを適用します。

そしてパラメータの『ファイル名』のところにフィルターをかけたいサインツールの名前とその下の『インデックス』を正しく入力すると、そのファイル名のサインツールの矢印がチャートに表示されるようになります。

この時フィルターをかけたい元サインツールはチャートに適用する必要はありません。(特に勝率表示機能が付いているサインツールは正常に読み取れないことも多いので適用しないほうが良いです)

たつお
たつお
『インデックス』は本家のFX-EAラボさんのマニュアルを見て下さい

 

各フィルターはデフォルトではオフになっていますので、使いたいフィルターをオンにして設定を調整するとフィルターにかけた後の矢印のみが表示されます。

フィルター前(デフォルト設定)

MT4のパラメータ

フィルター後

MT4のパラメータ

矢印の出方を見ながら微調整を繰り返していって下さい。

『シグナル設定』の『エントリータイミング』は基本は次の足でエントリーですが、即エントリーがしたい方はそっちを選んで下さい。

『連続シグナル防止設定』はサインツールによっては、3本も4本も連続で矢印を連打するものがありますが、一度矢印がでたら設定した値のローソク足本数がすぎるまでは矢印がでてもエントリーしなくなります。

『ATRフィルタ設定』はFX-EAラボさんのATRマニュアルを参考にしてください。

 

RSIフィルター

RSIフィルター パラメータ

RSIフィルター・・使う時はこのパラメータを『オン』にしてください。

RSIの期間やタイムフレーム、適用価格などを設定してもチャートにはRSIは表示されないので、目視で確認したい時はMT4標準のRSIをチャートに適用して下さい。ただしこの時に、亀吉フィルターとRSIの値を一致させないと、見た目とフィルターの位置がずれるので注意して下さい。

なお、デフォルトではRSIが70以上、30以下の時にエントリーしますが。逆張りフィルターなので、70以上の時に上矢印、30以下の時に下矢印がでてもエントリーはしません。

 

エンベロープフィルター

エンベロープ パラメータ

エンベロープィルター・・使う時はこのパラメータを『オン』にしてください。。

エンベロープの期間やタイムフレーム、適用価格などを設定してもチャートにはエンベロープは表示されないので、目視で確認したい時はMT4標準のエンベロープをチャートに適用して下さい。ただしこの時に、亀吉フィルターとエンベロープの値を一致させないと、見た目とエントリーの位置がずれるので注意して下さい。

なお、デフォルトでは偏差が0.3になっていますが、1分足とかだと0.03とか設定することになります。

エンベロープの内側に矢印が出ている時はエントリーしません。また、エンベロープの上に飛び出ている時に上矢印、下に飛び出ている時に下矢印がでてもエントリーしません。

 

ストキャスティクスフィルター

ストキャスティクス パラメータ

ストキャスティクスフィルター・・使う時はこのパラメータを『オン』にしてください。

ストキャスティクスの期間やタイムフレーム、適用価格などを設定してもチャートにはストキャスティクスは表示されないので、目視で確認したい時はMT4標準のRSIをチャートに適用して下さい。ただしこの時に、亀吉フィルターとストキャスティクスの値を一致させないと、見た目とエントリーの位置がずれるので注意して下さい。

ストキャスティクスの設定には%K期間と%D期間、スローイングの設定がありますが。実は『%K』だけで判断してます。

%Dとスローイングは将来的にクロスとかの判断で使えそうかな~、って思って付けといただけです。現状は見た目だけですスミマセン。

なお、デフォルトではストキャスティクス%Kが80以上、20以下の時にエントリーしますが。逆張りフィルターなので、80以上の時に上矢印、20以下の時に下矢印がでてもエントリーはしません。

 

インジケーターのパラメータ設定

パラメータ設定

サインツールは通常パラメータの変更ができませんが、こちらの値を変更することでハイローオートでサインツールのパラメータ設定ができるようになります。

ハイローオート純正機能をそのまま搭載してあるだけなので、詳しくはFX-EAラボさんの記事を参考にして下さい。

 

パラメータの変更

 

口座開設数訴求