ECN口座、STP口座

ECN

海外FX業者は、顧客注文の取り扱いを、ディーラーを介さず透明度の高いNDD方式(別名A-book)を取っています。

そしてNDD方式には、顧客の注文を一旦ブローカーを通すSTP方式と、ストレートにインターバンク市場(銀行や金融機関)に流すECN方式に分かれます。

国内業者はディーラを通すDD方式(別名B-book・相対取引)が中心(透明度が低い)

STP方式

STP方式

STP方式の特徴としては、トレーダーからの注文はブローカーを経由してからインターバンク市場へと流されます。

STP方式でブローカーの役割としては、インターバンク市場に複数掲示されている価格レートから、トレーダーにとって一番有利な注文とくっつけるという事をしています。

また、取引量が少ない時間帯や小ロットの注文の約定力はECN方式よりも良い傾向があります。

 

STP方式のデメリット

ブローカーを経由すると言っても自動処理なので、日本の業者に多いDD方式のように人の手で顧客の注文を処理するというようなことはありません。

DD方式よりもはるかに透明度は高いのですが、ただしECNに比べると100%何もされないとは言い切れない方式ではあります。

実際のトレードとしては、約定拒否もたまにですが起こります。また、取引が活発な時間帯は約定力が落ちてスリッページも発生しやすくなります。

コストに関しては、スプレッドに業者が上乗せしてトレーダーに掲示しますので、ECN方式よりもスプレッドは広くなります。

 

ECN方式

ECN方式

ECN方式の特徴としては、トレーダーからの注文は直接インターバンク市場に流れ、別の銀行やヘッジファンドが出している注文と直接結びつきます。約定価格はオークション形式で双方にとって一番良い価格で注文は自動で結びついていきます。

そのため約定拒否(リクオート)はECNでは起こらず、スプレッドはSTP方式よりも狭くなります。ただしその分FX業者は手数料を徴収しますので手数料の安いFX業者の口座を開設する事は重要です。

また、ECNの別の利点として、ブローカーを介さず注文状況などはストレートに市場に出るため、ECNの取引情報は市場参加者なら板情報で見ることが出来ます。これはオアンダのオープンオーダーと組み合わせることで取引環境が段違いにアップします。

 

ECN方式のデメリット

デメリットはやはり、日本人には馴染みのない取引手数料です。例えば有名な海外FX業者のXMですと手数料が往復10ドルも取られてしまいます。

ですのでECN方式の業者を選ぶ時は手数料の安いFX業者を選ぶことが重要になってきます。

そして約定力ですが、取引が活発な時間はスムーズなのですが、深夜や朝方など取引が活発でない時間帯は注文が通りにくい傾向があります。

また、ECNの特性として、小ロットでの取引もやや通りにくい傾向があり、またECN口座は最低入金金額が10万円からなど、STP口座に比べて大口向けの口座となっています。

 

結局STPとECNはどちらが良いのか?

ECN口座 STP口座 国内DD業者
価格の透明性 高い やや高い 低い
スプレッド 狭い 広い 狭い
取引手数料 有料 無料 無料
約定力 高い 高い 低い
約定拒否 なし 少ない よく起こる
トータルコスト 安い やや安い 一見安いが最終的に高くなる
板情報 見れる 見れない 見れない
最低入金額 高い 安い 安い

※MT4では板情報は見ることが出来ません

STP方式とECN方式のどちらが良いのか?というお話ですが、約定力に関しては、各ロットや、取引時間によって変わりますので一概にどちらが良いとは言えません。

しかしコストに関しては、例えばこちらの記事で紹介している業者あたりですと、手数料を取られてもECNのほうが安くなる傾向があります。さらにECNの手数料はスプレッドと違って外付け手数料なので確定申告時に経費で落とせるというメリットもあります。

またECNは世界の取引状況がわかる「板情報」を見ることができるという利点があります。

それを踏まえておすすめの口座は、海外FX業者を使うのが初めての人で資金の少ない人にはSTP方式で始めたほうが馴染みやすいですが、海外FXに慣れていて、資金もある程度ある人には圧倒的にECN口座がおすすめです。

海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

口座開設数訴求